TEL : 0577-36-2670
資金計画セミナー
家創りセミナー
個別見学会
設計依頼

本当の高気密住宅

ごまかし無しの数値で証明  > 本当の高気密住宅

『隙間が少ない施工』・・・気密測定の実施!

どれだけ断熱性をあげても気密性が悪い住宅はやっぱり寒い!

断熱材の素材や厚みなど、商材にばかりこだわっても、大切なのはその素材がちゃんと活かされてる施工技術です!
だから、隙間風が入り込む家は、材料が悪いのではなく、施工が悪いと言えるでしょう。。。
その、隙間の度合いがはたして、どのぐらいなのか・・・??これは、測定を行えばハッキリ数値で示されます!
シードックホームは本当の高気密、高断熱住宅をご提供しています!
*C-STYLE、C-PREMIUMは気密測定が標準仕様になっています。

ご存知ですか? 本当の高気密住宅とは数値で『気密性』を示せます!

快適な住まいは気密性の高さから生まれます

C値=0.5c㎡/㎡以下を保証します!
シードックホームが「C値=0.5cm2/㎡以下」にこだわる理由は、お客様からの要望で最も多い要望が『冬、温かく』『夏、涼しい』家!
しかし、これまで多くの会社が断熱性能ばかりにこだわりいを持ち、一番肝心な気密にこだわっていないのが、現状です。
本当に快適な住まい創りに必要な高い気密性にこだわるシードックホームならではのお客様に向けて数値で安心して頂ける保証です。

ところで・・・C値とは??

C値とは、住宅の気密性を表す数値で、この数値が小さくなればなるほど気密性が高くなっていきます。
一般的な住宅のC値の基準は「5.0c㎡以下」になっていますが、シードックホームではその10分の1に当たる「0.5c㎡」を保証しています。

一般的な住宅の気密性能基準

床面積1㎡当たり 5c㎡の穴

これは例えば、建物面積が100㎡(約30坪)の場合には5c㎡の大きな穴が100個ある大きな隙間になります。

シードックホームの気密性能実績

床面積1㎡当たり 0.5c㎡の穴

シードックホームでは建物面積が100㎡(約30坪)の場合わずか0.5c㎡の小さな穴が100個の小さな隙間の高気密住宅になります。

シードックホームでは気密測定検査を2回行います!

心地よさを手に入れるためには、気密レベルの維持は絶対条件です。
気密測定検査は、気密施工の手直し可能な時期と竣工時の2回行わなければなりません。
シードックホームの、長年に渡るノウハウの蓄積と高い施工技術が竣工時0.7cm/㎡の気密性能を可能にします。
高い気密性能があってはじめて、室内空気の流れをコントロールすることができます。

1回目 工事中


1回目は上棟後の状態でお客様立会いの下で気密検査をいたします。
(万が一、気密が出なかった場合でも、この時期であれば手直しが可能です。)

2回目 お引渡し時


第2回目はお引渡し時にお客様立会いの下、気密検査を行います。
(お引渡し時に気密が出なかった場合、手直しの方法がありません。そのため、この時期に気密測定をしない会社が多いのです。)
長年に渡って蓄積された技術力と大工棟梁の匠の技が高い気密性能を可能にしています。