TEL : 0577-36-2670
資金計画セミナー
家創りセミナー
個別見学会
設計依頼

#044 「週末の宴」~定年後の暮らしをイメージしたリフォーム~

設計のポイント

デザイン性
食事やお酒を楽しむ空間
休日を楽しむ
収納設計
飾って楽しむ
ゲストをもてなす可変式LDK


リビングは、各所に和を取り入れたモダンで落ち着いた空間を提案しました。床はうづくり(凸凹のある)のアンティーク調のフローリング採用し足触りもよくどこか懐かしさを感じます。ご主人の念願だった堀こたつがあるリビングが完成しました。

リビングを広く見せるため長手方向を下がり天井で強調させ奥行き感を出しました。間接照明も落ち着いた雰囲気を演出する一役を買っています。

一緒に食事をする人数によって様々に形を変えるリビング。普段は4人で食事をするのでこのサイズで。

こちらは親戚や友人が来たときのサイズ。もちろん堀こたつも広がります。カウンターも使えば、十数人でも一度に集まれます。

分散照明にすることによりカウンターだけにスポットを当てることもできます。今日は少し違った雰囲気で食事したいなど違った演出を楽しむことができます。

 

とっておきの酒はこちらの酒棚に。飾ったものが映えるよう照明設計、内装提案をしました。倒れどめの木材は山で拾ってきたもので材料は0円。少しの工夫でオリジナルになります。

テレビボードの壁には竹を縦に割り、壁に取り付けデザインし、和の雰囲気を演出しています。

紙布調の壁紙を用いた天井は、桜の木を併用することで立体感が生まれよりおしゃれで高級感が増します。

テレビボードの間接照明が、アールの垂れ壁をより強調してくれます。よく和室から庭を眺める窓が丸窓になっていて庭がより趣があるように、テレビスペースにもアールを用いてより落ち着いて見えるようにしました。