TEL : 0577-36-2670
資金計画セミナー
家創りセミナー
個別見学会
設計依頼

#050 「本当に安らげて、ゆっくりと時間が流れる」家 S様邸(岐阜県高山市)在来軸組工法

設計のポイント

デザイン性
明かりの演出
遊び心
コミュニケーション
夫が癒される空間
家事動線
育児動線


外観は白と黒のツートンでシンプルにコーディねーとしました。

オリジナルのTVボードとタイルがLDKのデザインを引き立てます。

ダイニングはあえて段差を作り掘りごたつを提案しました。畳みの下は収納ができる様になっています。

ダイニングはあえて段差を作り掘りごたつを提案しました。畳みの下は収納ができる様になっています。

あえて置き照明だけで撮影しました。夕方になると和室からの夕焼けがとても綺麗でした。

ダイニングに散らかりがちな、新聞や雑誌が片付く様にマガジンラックと手を伸ばせば届く調味料入れがポイントです。

ソファーの真上とTVボードに間接照明を設置する事で部屋全体の明りが和らぎます。

TVの高さはソファーに座って首が付かれない様に少し低めで家具を提案しました。

主寝室は奥様の要望のアジアンテイストでコーディネートしました。

料理をしながらTVが見られる様に、TVはリビングと別にダイニングにも提案しました。

主寝室の隣には居間として使える様に和室を設置しました。

2階のコーナーにはご主人が自ら探された欅の板と手洗い器を設置しました。

和室の壁紙は畳みから少し帯を入れる事で部屋全体が引き締まります。

階段の窓は横幅に合わせてクロスの色を変えました。ひび割れた手作りグラスの照明器具からの影がとても神秘的でした。

2階のコーナーにはご主人が自ら探された欅の板と手洗い器を設置しました。

TVボードのバックに貼った石層型のタイルとクロスのカラートーンが生け花の色彩を引き立てます。