TEL : 0577-36-2670
資金計画セミナー
家創りセミナー
個別見学会
設計依頼

天然石の地盤

地震にも強い最新の地盤改良    > 天然石の地盤

『最強の地盤』・・・天然石の新工法で30年保証!

多くの建築会社が基礎~構造体にしかこだわりを持っていません。
住宅会社で軽視しがちな地盤は、今や社会問題で強度と価格ばかりを重要視した地盤改良は、家を建てた後に大問題と繋がります!これから、土地を購入し家創りをお考えのお客様、もう一度、あなたの予定地に目を向けて下さい!

コンクリートを使わない!<天然砕石>パイル工法<保証が30年>なので安心です!

既存の地盤改良工法のようにあらかじめ決まった杭を使ったり、地盤を補強しない工事と異なり、砕石パイルをその地盤にあうように確実な施工で1本づつ造り上げ、砕石パイルと砕石パイル 周辺の地盤の支持力を複合させて、 地盤の支持力を高める地盤改良工法です。

とても<地震に強い工法>なので安心です!

地震の時に、<家の揺れ方>と<地盤の揺れ方>に違いがあり、
コンクリートの杭の場合はその揺れの変化に耐えられない場合があります。

砕石パイルの場合はもともとコンクリートの様に固まっていないので、柔軟に地震の揺れに追随して、地震の揺れによる強度変動を和らげる効果があります!

気になる『液状化現象』にも配慮した工法です!

東日本大震災では津波の被害がクローズアップされていますが、首都圏において大きな被害をもたらしたのは「液状化」です。
沿岸の埋め立て地だけでなく内陸部でも数多く発生し、住宅地に被害を及ぼした液状化現象。
そんな怖い液状化を未然に防ぐことができます!

そもそも、『液状化』とは・・・?

液状化とは、細かい砂が緩く積もった地盤に起こる現象のことで、砂が、地震などで圧力の強い水に押し上げられ、支持力がなくなり、液体に近い状態となることで、このときに水と一緒に細かい土粒子を持ち出すため地盤沈下が起こります。

地盤は土、砂、水、空気が均衡に混ざって構成されています。 この地盤が地震の大きな揺れでゆるい砂は下部から締まり、砂粒子間にあった水(間隙水)は上部に逃げ出します。 この水によって浅い部分の砂は飽和され液状化を起こします。 液状化が起こると重たい建物は沈み、軽いマンホールは浮き上がります。結果的に家は大きく傾きます。

砕石パイルで液状化を抑制!

液状化対策に優れた工法なので安心です!