TEL : 0577-36-2670
資金計画セミナー
家創りセミナー
個別見学会
設計依頼

#058「シンプルに上品にホワイトモダンの家」N様邸(岐阜県高山市)

和室までを快適にしてしまう温かなデザインは同時に癒しのある空間でもありました。
白い壁、白いソファー、白いテーブル、白いコタツ、白い琉球畳。
そして天然素材の白いフローリング。
白に囲まれた清潔感のある世界が醸し出す”きれい”に、とことんこだわりました。

【インタビュアー/馳 純】



家を建てようと思ったきっかけは?

結婚したら素敵な家を建てたい。これは女性だったら誰もが願う夢。私はエレガントで癒されるような北欧のデザインが好きで、そんな家が建てられたらいいなと思っていたのです。
子どもが誕生したのと、好きな町内のそれも同じ3丁目に土地が見つかったことがキッカケです。この3丁目には私の両親も暮らしていますので、家を建てるならココと前から決めていました。
幹線道路から一歩入った静かな場所に土地を見つけた時は、「ここだ!」と主人と大喜びしまして地主さんにお願いし、宅地にしてもらったんです。

建築会社を選ぶまでの経緯と、シードックホームに依頼しようと思った経緯を教えて下さい。

他の建築会社へと決めかかっていた時、シードックホームさんが候補に急浮上してきました。
「エレガントな北欧風デザインの外観にお金を使うより、間取りや空間づくりにお金を使ったらどうですか?」と、シードックホームさんの見学会でアドバイスされたんです。一瞬「えっ?」って感じでしたが、私のイメージの断片を次から次へとお伝えしたら、政井さんが「できます。できますよ」と言われました。
「私の思いを叶えてくれそうなシードックホームさん」って感じで、即決めました。

どんな暮らしがしたかったか、それを実現する為にどんなコトに拘りましたか?

 妻の実家は理想的な家族なんです。各部屋にTVがあるのに居間で集まり、みんなでTVを見ている。
そこでは笑ったり、口けんかをしたりと、自由でのびのびしているんです。
こんな温かい家を我が家も創れたらいいなぁと思い、和室やリビング、キッチンをすべてオープンにしました。
やがて子どもが大きくなって、家のどこにいても家族の存在が感じられるような家がいいですね。

打ち合わせをする中で、シードックホームからの提案やアドバイスで参考になったコトを教えて下さい。

今は雑誌や専門誌などが沢山あり、情報が溢れています。以前から「こんなのがいいかな」とイメージを具体的に絞っていました。
空間が大きく感じられるように白を基調にし、バランスがとれるように家具などの色調を考えました。具体的な形にするには専門家の発想と実現するスキルが必要になります。
完成後、振り返れば「このようにしたい」という私の希望のほとんど叶えてくれました。

間取りやデザインなど気に入っている所を教えて下さい。

シードックホームさんの得意とするところなんでしょうが、空間の大半は縦ライン・横ラインの直線で構成され、少し固くなりがち。そこにところどころ曲線が現れ、柔らかなイメージを与えてくれます。気に入っているのは2帖ほどのスペースの専用パウダールーム。ドアがありますので、メイクに集中できるのがうれしいですね。それとキッチン廻りをいつもスッキリとシンプルにする為に、キッチンボードだけにしました。その裏には電化製品などや台所用具などを収納するスペースを作って頂きました。
他は1Fと2Fにウッドデッキを設置。巾はいずれも8mもあり、多目的に使えるスペースが外にあるのが嬉しいです。

完成後、お友達や知人からの評価はどうでしたか?

娘の友達のママはここに来てや「あ~ぁ、ステキね」と、長居していきますよ。
落ちつくね、癒されるなぁ~と言いながら、皆さんリラックスして帰ります。

工事が終わって、シードックホームに依頼して良かったと思った点を教えて下さい!

大きな事から小さな事まで全てにわたり、私たちの思いにしっかり耳を傾けてくれたこと、これが一番の安心でした。
リクエストの中にはハードルが高いものもあったんでしょうが、嫌な顔をすることなく対応して頂けた事がとても嬉しかったです。

これから工事を始める方へアドバイスをお願いします!

私の場合は”白い北欧の家”というイメージが昔からあって、そこから家づくりがスタートしたのですが、できる、できないは別にして、家に対して色々な希望を出すことだと思いますね。
自分たちが一生、住む家なのですから。

関連記事


#069 U様邸

#069 U様邸

#069 U様邸

一覧に戻る